Archive for the ‘Prado’ Category

DRY-WiFi TypeD PCViewer Ver 2.00 不具合

DRY-WiFi TypeD PCViewer Ver 2.00 はGoogleMapの仕様変更に伴い、

スクリプトエラーがでてしまい、実用的ではありません。

メーカーの返事も曖昧で、アップデートを行う目処もたっていないようです。

地図表示でスクリプトエラーが発生し、うまくいきません。

idx_c03_02_img

 

ネットで調べてみたら汎用ソフトなるものがありました。

http://www.registratorviewer.com/index_en.html

これがフリーソフトなのに、予想以上に使える。

ScreenShoot_Main

 

対応一覧表はこちら

http://www.registratorviewer.com/features_en.html#reglist

車検を通してみた…

いよいよ10月末で3年。第1回目の車検だ。

で、初めてユーザー車検を体験してみた。

まず、光軸調整だけは近くのライダーズカワサキというバイクショップでやってもらう。

ここで自賠責を申し込めば、通常1,500円の調整が1,000円で済む。

自賠責 ¥24,950

調整料 ¥1,000

いよいよ検査場へ!

必要書類を50円で購入(金取る?)

重量税、¥41,000(今年の4月から下がった)

手数料¥1,800

計 ¥68,800

ここで終わればこの値段で完了。

法的にはどうか知らないが、車に問題なければ調べたり取り締まる術はない。

じゃ、きちんと点検しよう!ということで

24ヶ月点検 ¥20,000(民間整備工場)~¥30,000(ディーラー)

合計¥90,000~¥100,000程度で完了することになるが、ディーラーに出すと¥150,000

何処までが利益?ま、いっか。

さて、本番の車検場です。

ボンネットを開けてくださいと言われたのだけど、その後が…。

車台番号が見つからないらしく、4人くらい人が集まってきた。

後は特に問題なく、検査員の人も丁寧に教えてくれたので無事に終わった。

前回交換したタイヤだが、全く問題なく車検に通ったよ!

150プラド プロペラシャフト交換 2本目 (対策品)

ランクルでは過去にあった停車時のショック。

私も購入後1年弱で同じ症状になり、一時的は解決したのだけど・・・

当時原因は不明のまま、愛知県に1件だけ同じような例があったらしい。

暫定的にプロペラシャフトの交換をしたのだが、当然対策品ではなかったからか、1年弱でまた症状が出てきた。

 

ディーラーに言っても「現象が出ない」と。まぁ、悪意のない対応なんだけど
オーナーにとって不愉快な症状にディーラーが対応してくれないストレス。

今回、バンパーを引っかけて交換することになったのだが、その時に時間をかけて見てもらうことになった。
ここに至る経緯には、データ照合で複数件の症例があったようだ。

それにしてもネットには全くといってよいほど150プラドに関する同例の情報が無い。

ディーラーの担当者も2日かけて症状の再現に努めてくれた結果、ようやく症状が出たらしい。
延べ80km程走行したようだった。下り坂から停止した状況でよく出やすかったとのこと。

ああ、確かに言われてみればそんな感じだったような・・・
停止時にニュートラルに入れる人にはわからないんだろうなぁ

※今回の交換部品は対策品らしい(なんだ、あるんだ)

トランスミッション側にあるスプラインの嵌合がシビア過ぎて起きる現象らしい。
ランクル100・200共に情報があり、交換することで改善されたとの報告は多いのに、プラドにはない。
何故?

仕上がって後、200km 1,000km 50,000km 走った時点での症状は全くない。