はじめてのSAMSUNG

SyncMaster 920Tを購入したが、久々のヒット。
NANAOのL465は当時として問題なく使用していたけど、Sharpの17・e-yamaの19とあまり気に入っていなかった。
今回のモニターは電源を入れた時から「相性」が合った。
まずはコントラスト比1000:1、黒の締り具合が良い。そう、電源を入れていない時の黒。(ちと大げさ)
輝度も250cdというより300cdくらいに感じる。
最近目が悪いのだけど、結構見やすい。
あと、スタイリングもなかなかGOODだし、シルバーの塗装も安っぽくない。
14samsung.gif
またキーボードを探しに行かなくては…。
まぁ、細かい点は追々。

ObjectDOCK

なかなか面白いソフトだと思う。
以前StyleXPに凝っていた時期があったが、重さが気になっていた。
ふと気づくと、Athlonも3200+や3500+を利用している。
そろそろいっかと思いきや、入れてみたら…
結構楽しい。
こんな感じです。
13objectdock.jpg

Athlon64 3500+

12athlon64_3500+.jpg
GA-K8NS ULTRA-939
AMD939pinのAthlon64/64 FXプロセッサーをサポート
64ビットコンピューティングプラットフォーム
HyperTransport技術
内部DDR400メモリーコントローラー
11socket939.jpg
NVIDIA nForce3
IEEE1394b
USB2.0
DualBIOS
デュアルLAN
10dualchannel.jpg
ということで、ようやく手に入れた939pin アスロン64 3500+
ヨドバシカメラでマザーとセットで購入すれば19,800
また衝動買いしてしまったぁ…。
プロセッサは、内蔵メモリーコントローラがアンバッファードDDRメモリでのデュアル-チャネル(128ビット幅)をサポート
していることが特徴。
Intelのように必ずしもPC3200でなければデュアルチャンネルで動作しないというケチな仕組みではない。
とりあえず今回はWindowsXP英語版をインストールSP1のみあてた。
Nortonは重い気がするので、ウィルスバスターインターネットセキュリティ2005にしてみた。
まだ主要アプリケーションは入れていないので、起動時間は27秒。
どっかの人はPen4の40秒程度でハイパースレッティングだの、
デュアルチャンネルだの言ってたけど…
まぁINTEL信者はしかたないか。

ドッグヴィル

09nicoal.jpg
ニコール・キッドマンは僕の中ではトム・クルーズの元妻ってだけで特に何の魅力も無い女優さんだったりしたのだけれど、これを見てイメージが変わった。
「前振りはいいから早く本編に入れよ」な~んて思いながら観てたんだけど、オイオイ、最後までずっとこのセットのままでいくのかぁ?と気づいたときにはもう深夜3時半。嫁さんに「早く寝ろ!」と言われ、翌日再度チャレンジ。
へ、3時間もあったの?そんなに時間を気にさせない作品だった。
さて、人間の集団心理の愚かさというのは日本だけではないんだね。
学校でよくいう「イジメ」なんてのは日本にしかない現象だと思っていたら。
個々の人間というのは結構いいところが沢山あるのだけど、何でだろうね、あの「集団心理」ってのは。でも最近は「単独」でもおかしな奴が増えてきたけど…
まぁ、映画の解説をする気は無いので、見たい人は見てね。でも…意見が分かれるこの映画、それなりに覚悟して観ること。
これまで見たことのない映画にだってのは間違いなくいえると思いますよ。
ラストはぼくにとって、予想通りだったかも…。
この映画は二コールキッドマンに主役を依頼したため制作費がなくなってしまったのであろうという人もいたが、そういう観方もありか。

くまのプーさん

08pouhsan.jpg
ちなみにこれ全部UFOキャッチャー(って今でも言うのかな?)
あいかにかこつけて…大人の方が熱くなったかも。