Excelの範囲選択

データがあるセルを一発選択

ExcelシートのA2セルからA8セルを選択する。この場合、A2を選択してそのあとA8までドラッグするのが一般的だろう。しかし小さな表ならばいざしらず、50行や100行といった大きな表だと、ずるずるドラッグするのはあまりにも非効率だ。キーボードで範囲を選択する技を覚えておこう。

まずA2セルを選択したら、[Ctrl]キーと[Shift]キーを押しながら「↓」キーを押す。するとA2から、データの入力されているA8までを一発で選択できる。

キーボードでセル範囲を選択する
[Ctrl]キーと[Shift]キーを押しながら「↓」キーを押すことで、キーボードから範囲選択できる
[画像のクリックで拡大表示]

ちなみにA2を選択したあと[Shift]キーを押しながら「↓」を押していくと、A2からA3に向かって1セルずつ選択範囲を拡大できる。また、[Ctrl]キーを押しながら「↓」を押すと、A列でデータの入力されている最終行のセルに移動できる。

それでは、A1を選択して[Shift]キーと[Ctrl]キーを押しながら「↓」キーを押したあと、さらに「→」を押してみよう。するとA2から、データの入力されているD8まで、つまり表全体を選択できた。表全体の選択は、表内のいずれかのセルを選択した状態で[Ctrl]+[A]キーを押すことでも可能だ。

行列全体を素早く選択

次に先の表で、見出し行にあたるA2:D2をコピーして、10行目にペーストする場合について考えてみよう。この場合、A2:D2をマウスでドラッグしてコピーし、A10を選択してペーストするのが一般的だろう。もちろん間違いではないのだが、同様の作業をもっと素早くこなす方法がある。

まず、2行目の行見出しに相当する「2」をクリックする。すると2行目全体が選択状態になる。そうしたらコピーを実行し、A10を選択してペーストすればよい。特に列の数の多い表の場合、マウスでずるずるドラッグするよりも断然速い。

行全体を選択する
行全体を選択してコピー・アンド・ペーストする。行全体の選択はキーボードからでもできる。例えばD3セルを選択している状態で[Shift]+[スペース]キーを押すと3行目全体を選択できる
[画像のクリックで拡大表示]

列の場合も同様だ。列見出しの「A」をクリックすると、A列全体を選択できる。さらにA列全体を選択したら、そのままマウスを列ラベル沿いにドラッグしてみよう。すると複数列の選択が可能だ。複数行の選択も、同様の操作でできる。

複数列を選択する
列全体をキーボードから選択する場合、[Ctrl]+[スペース]キーを押す。さらに[Shift]+矢印の左右キーで選択範囲を拡大できる
[画像のクリックで拡大表示]

シート全体も、クリック1つで選択できる。行見出しと列見出しが交差する場所に右下を向いた三角マークがあるので、ここをクリックするだけだ。データが入力されていないセルを選択して[Ctrl]+[A]キーを押すことでも同じことができる。

シート全体を選択する
行見出しと列見出しが交差する場所にある、三角マークをクリック
[画像のクリックで拡大表示]

離れたセルの選択は[Ctrl]キーで

次に、離れた場所にある複数のセルを選択してみよう。例えば、評価が「A」のセルだけを選んで、背景色を付けて文字を赤にしたい、といった場合だ。

一般的な操作は、C3セルを選択して「塗りつぶしの色」から背景色を選び、さらに「フォントの色」を赤に設定する。これをすべての「A」のセルで繰り返せば、やがて「A」の全セルを強調表示にできるだろうが、手間と時間が掛かる。次の方法を覚えておこう。

まず、C3を選択したら[Ctrl]キーを押しながら「A」のセルを順に選択する。[Ctrl]キーを押しながらのセル選択は、離れたセルを選択する基本テクニックだ。また、C5:C7のように「A」が連続したセルでは[Ctrl]キーを押しながら、C5からC7へドラッグする。すべての「A」を選択できたら、背景色と文字色を適用すればよい。一発で「A」のセルを強調表示にできる。

離れたセルやセル領域を選択する
[Ctrl]キーを押しながらクリックやドラッグをすると、離れたセルを選択できる。ビジネスパーソンなら知っておきたいテクニックだ
[画像のクリックで拡大表示]

やや上級編として、「条件付き書式」を使う方法も紹介しておこう。まず、先に紹介した方法でC2:C11を選択する。次に、「ホーム」タブ→「条件付き書式」→「セル強調表示ルール」→「指定の値に等しい」とたどり、「次の値に等しいセルを書式設定」のテキストボックスに「A」と入力する。すると「A」のセルが強調表示されるので、問題がなければ「OK」を押せばよい。

「条件付き書式」を活用する
「A」をまとめて強調表示にした。このように「条件付き書式」を活用すれば、条件に合致するセルを自動的に強調表示にできる
[画像のクリックで拡大表示]

パスワードを忘れたWindows OSにログオン(サインイン)する

●パスワードを忘れたPCをインストールメディアで起動する

用意したWindows 10のインストールメディアを使って、パスワードを忘れてしまったPCを起動する(DVDやUSBメモリから起動するようにBIOS設定を変更するのを忘れないこと)。セットアップ画面([Windowsのインストール]ダイアログ)が開いたら、[Shift]+[F10]キーを押してコマンドプロンプトを開く。

Windows 10のWindowsセットアップメディアで起動したところ
このセットアップ画面が表示されたら、[Shift]+[F10]キーを押す。これでコマンドプロンプトが開かれる。
セットアップ画面でコマンドプロンプトを開いたところ
[Shift]+[F10]キーでコマンドプロンプトを開き、ここでcmd.exeをutilman.exeにコピーする。これで[コンピューターの簡単操作]アイコンをクリックすると、コマンドプロンプトが起動するようになる。

このコマンドプロンプトで、以下のコマンドを実行する。「utilman.exe([コンピューターの簡単操作]の実行ファイル)」をバックアップした後、cmd.exe([コマンドプロンプト]の実行ファイル)をutilman.exeという名前にしてコピーする。

これで、Windows OSのログオン画面にある[コンピューターの簡単操作]アイコンをクリックすると実行される「utilman.exe」の実体が、「cmd.exe」となり、コマンドプロンプトが起動されるようになるわけだ。なお、ここではWindows OSのシステムファイルがD:ドライブに存在するとしている(本来はC:ドライブだが、インストールディスクで起動すると、C:になるとは限らない)。

d:
cd \windows\system32
ren utilman.exe utilman.org
copy cmd.exe Utilman.exe
exit

コマンドプロンプトで実行するコマンド
画面は、D:が元のC:ドライブであったものとしている。最初にdirコマンドを実行して、ファイル名やラベル名、ディスク容量などで確認すること。
コマンドプロンプトで実行するコマンドの例

Windowsセットアップメディアを取り外し、[Windowsセットアップ]ダイアログの右上の「×」をクリックしてインストールを取り消してから、Windows OSを再起動する。

●コマンドを使ってパスワードを変更する

サインイン画面が表示されたら、右下の[コンピューターの簡単操作]アイコンをクリックする。すると、[コンピューターの簡単操作]ダイアログではなく、上記の操作により「utilman.exe」としてコピーした「cmd.exe(コマンドプロンプト)」が実行される。

細工後のWindows 10のサインイン画面

ここで以下のコマンドを実行して、Administratorや既存のユーザーに対して新しいパスワードを設定する。この際、設定済みのパスワードの確認は行われないので、パスワードを忘れてしまったユーザーに対しても、新しいパスワードを設定できる。

net user <ユーザー名> <新しいパスワード>

パスワードを再設定するためのコマンド
パスワードを再設定するためのコマンド

再びWindows 10のインストールメディアで起動して、実体が「cmd.exe」になっている「utilman.exe」を、バックアップしておいたオリジナルの「utilman.org」から元に戻せばよい。

del utilman.exe
ren utilman.org utilman.exe

元に戻すためのコマンド

MicrosoftアカウントでサインインしているWindows 8/8.1/10の場合

●Microsoftアカウントのパスワードをリセットする

MicrosoftアカウントでサインインしているWindows 8/8.1/10の場合、この方法でMicrosoftアカウントのパスワードは変更できない。

本人がパスワードを忘れた場合は、以下のMicrosoftアカウントの[パスワードのリセット]ページを開き、指示に従ってMicrosoftアカウント名やCAPTCHAを入力すると、パスワードリセット用のリンクがアカウント作成時に指定したメールアドレスに送られてくるので、メールに記載されたリンクを開き、新しいパスワードを設定すればよい。

Microsoftアカウントのパスワードをリセットする

●アカウントを追加してサインインする

他人のMicrosoftアカウントが設定されている場合、上述の細工を使って、Administratorアカウントを有効化することで、パスワードを解除できる。

[コンピューターの簡単操作]アイコンをクリックしてコマンドプロンプトが開いた後、以下のコマンドを実行して、Administratorアカウントを有効化、パスワードを設定すれば、Administratorアカウントでサインインできるようになる。

net user Administrator /active:yes
net user Administrator <パスワード>

Administratorアカウントを有効にしてパスワードを設定するコマンド
Administratorアカウントを有効にしてパスワードを設定するコマンド

パスワード設定後、[電源]アイコンをクリックし、メニューから[再起動]を選択して、Windows 8/8.1/10を再起動する。

再起動後、Windows 8/8.1の場合、[サインイン]画面でのユーザー名の左側に矢印が表示されるので、ここをクリックする。ユーザーの選択が行えるので、「Administrator」を選択、先ほど設定したパスワードを入力してサインインする。Windows 10の場合は、[サインイン]画面の左下にアカウント名が表示されるので、「Administrator」をクリックする。

Windows 8/8.1でAdministratorを有効化した場合のサインイン画面
Administratorを有効化すると、既に設定済みのMicrosoftアカウントに加え、Administratorアカウントでもサインインできるようになる。そのため、アカウントの選択画面に移るための[←]アイコンが表示される。
Windows 8/8.1のアカウント選択画面
Administratorと設定済みのMicrosoftアカウントのいずれかでのサインインが可能になっていることが分かる。ここで「Administrator」を選択すると、Administratorのサインイン画面が表示されるので、設定したパスワードを入力すればサインインできる。
Windows 10のサインイン画面
Administratorと設定済みのMicrosoftアカウントのいずれかでのサインインが可能になっていることが分かる。左下の「Administrator」をクリックすると、Administratorアカウントでサインインできる。

これでWindows 8/8.1/10の操作が可能になるので、必要なファイルをコピーしたり、新しいアカウントを追加したり、パスワードが分からないMicrosoftアカウントを削除したりといった作業を行えばよい。

Windows10で音楽や動画を再生できない 

0x00d11cd(0x887c0032)

Windows10で音楽ファイルや動画ファイルを再生しようとすると、次のメッセージが表示されて再生できません。
エラーメッセージ 0x00d11cd(0x887c0032)

再生できません。
もう一度お試しください。問題が解決しない場合は、www.xbox.com/supportをご覧ください。
0x00d11cd(0x887c0032)

①デスクトップ画面右下の「^」ボタンをクリックし、スピーカボタンを右クリック。

②「再生デバイス」をクリック。

③「スピーカー」を右クリックし、プロパティを選択。

④「すべてのサウンド効果をオフにする」にチェック。

⑤「OK」ボタンを押し、サウンドウィンドウを閉じる。

⑥WindowsOSを再起動。

Mac OSX Word2016で非表示モジュール Link 内でコンパイルエラー発生

Mac Office 2016をインストールすると、Wordだけ起動時に変なダイアログが出現。「OK」押して起動するけど、終了時も表示されてちょっと。。。

非表示モジュール Link 内でコンパイルエラー発生しました。

word

/ユーザー/Library/Group Containers/UBF8T346G9.Office/ユーザーコンテンツ/Startup/Word/linkCreation.dotm を削除で解決した。